専門家も騙される!通販のバイアグラが本物か見抜けない訳

シンガポールで2008年に偽物のバイアグラを服用した4人が死亡したのを知っていますか?

偽物のバイアグラは、世界中で製造されていて、世界60ヶ国で発見されています。驚くことにネットで購入した約4割は偽物だといわれています。

今はどんな情報でもネットで簡単に手に入れられる時代ですし、多くのサイトでバイアグラの偽物についての注意喚起をしています。

それなのにどうして偽物を購入してしまうのか?

今回は何故バイアグラの偽物を見分けられないかまとめてみました。

みなさんが思っている以上に偽物には危険性があるので、ネットで購入を考えている人は参考にしてください。

この記事は基本的にED専門クリニックや製薬役会社が公表している情報を元に作成しました。

(2017年7月24日に編集しました)

通販で買ったバイアグラが本物かわからない5つの理由

1.作りが巧妙すぎてわからない

素人はもちろん、ED治療を専門としているお医者さんでさえも、本物と偽物を見分けることは難しいそうです。

一番右のものがファイザー社の純正のものです。

比べてみてもわかりますか?僕にはわかりません。

他のもの全てが偽物なのかは明らかにされていませんが、不純物などが混入されている可能性は十分考えられます。

次に上のバイアグラを水に浸して溶かす実験の結果が下の画像になります。

一番右の本物と一番左のアメリカ発送のものは似ていますが、他のものは誰がみても違いは明らかです。

この違いの理由は錠剤に含まれている成分だそうです。

左から2番目の中国発送のものは、他の国のものが45分で溶けたのに対して2時間たっても溶けなかったみたいです・・

お医者さんいわく、不純な成分がはいっているのは明らかだそうです。

見た目はそっくりなのに、こんなにも違いがあるなんて怖いですよね。

因みに偽物のバイアグラの製造現場がこちらです

出典:https://www.hama1-cl.jp/ed/import_viagra.html

吐き気がでそうな画像ですよね。とても薬を作る場所だとは思えません。これは氷山の一角で、摘発されていない業者は他にもあるとおもいます。

2.勃起した=本物だとは限らない

バイアグラの効果は個人差がありますし、服用のタイミングやその時の体調にも左右されます。

偽物でも割合はともかく一応ちゃんとした成分がはいっているので、勃起はします。

だから、偽物を服用したとしても「勃起したし本物だったんだ」と思う人が後を絶ちません。

本物かどうかなんかなんて成分をちゃんと調べないとわかりませんし、副作用の危険性もあります。

過去にシンガポールでバイアグラの偽物を飲んで4人が亡くなった事件を思い出してください。

勃起した=本物だという、思い込みで使用し続けるといつ体をおかしくするかわかりませんよ。

パッケージに書いてある成分が入っていない

ネットで購入するときは、パッケージの成分情報までみないにしても、商品が届いてから見る人はいるでしょう。

それっぽいパッケージで事前に調べておいた成分が記載されていれば、誰だってなんの疑いもせず服用してしまうと思います。

消費者は何を信じればいいんでしょうか?ここまでくるともうお手上げでしょう。

中にはバイアグラの成分がまったくはいっていないものもあるそうです。

じゃあ何がはいってるのか?

ペンキやインクなどが入っていたそうです・・

バイアグラの偽物がどうこうではなく、人の命をなんだと思っているんでしょうか。お金を稼げればなんでも良いんでしょうか?

呆れて言葉も出てきません。

3.ネットの口コミに騙されている可能性も

ネットで購入しようか迷っていると必ず目にするのが利用者の口コミです。以下はネット総合病院様に記載されていた口コミになります。

効果抜群
副作用は特になし。多少鼻がつまるのと顔が熱くなりましたが、気になるほどではなく、効果は抜群でした。お酒を飲んだ後でもまったく問題ありませんでした。
もう性活の一部です
40代後半になり、かわいい女の子を触っても全然だめでしたが、これを30分前に飲むとムクムク感があり、ちょっと触っただけでフル勃起。10代の頃に感じたギンギン感がよみがえりました。2回戦3回戦も全然OKでした。定期的に購入していこうと思います。もう手離せません。
初治療ED薬
半信半疑でしたが、こちらで初めて購入しました。
40代にもなり、1回戦後のインターバルにやたら時間を要するようになったため試してみました。
半分の50mgに割って使用し、効果てき面。
シンガポールからの輸入なので到着まで10日ほどかかりましたが、待ったかいがありました。
大満足
以前から興味があり、思いきって購入してみました。
かなりの効果が現れ、また購入したいと思います。
世界が変わりました♪
良い
50代前半です。
半分にカットして服用で十分効きました。
副作用鼻がつまるとか熱くなるとか言われているようですが自分の場合はほぼなしで大丈夫です。

一部の口コミになりますが、ほとんどの口コミが満足している人の声です

そんな口コミをみれば、EDで困っている人は製品の品質など関係なく購入してしまうでしょう。

別に口コミが嘘だとは言いませんが、バイアグラの効果は、体調や精神的な要素も関係し個人差もあるので、安易に口コミを信じて購入するのは危険です。

4.配送ルートで信じ込ませる手口

バイアグラの正規品を製造しているフェイザー社は、米国の住所から送られてくる物が本物だとは言い切れません。(偽造品は、米国経由で日本に輸入される事例も確認されています)

と注意喚起をしています。

つまり、上で紹介した偽物のバイアグラの製造現場で作られた製品も、アメリカを経由して送ることで消費者が安心させようとしているんです。

偽物のバイアグラの製造で有名な中国やタイが発送元だと購入しない人もいると思いますが、アメリカなら安心だと思って購入する人もいると思います。

5.ホームページに騙されている

ネットでバイアグラなどのED治療薬を扱っている個人輸入代行のホームページを見るとどれも立派な作りになっています。

その立派なホームページのデザインをみて、ここなら安心できる!偽物はないだろうと思い込んでしまう人もいます。

今はかっこよくてオシャレなホームページが無料で作れるツールがあるので、見た目に騙されてはいけません。

全ての個人輸入代行サイトを否定するわけではありませんけど、運営者は別にバイアグラの知識やEDの知識があるわけではありません。

僕たちと同じ素人です。

よく考えてみてください。

薬に詳しい専門家が運営しているなら、個人輸入代行で購入したバイアグラが半分以上、偽物なんてありないと思いませんか?

通販で騙されるのはこんな人

偽物の製造業者は消費者心理につけこんでいます。ここではターゲットになっているタイプを紹介します。

病院へいけない人

病院にいくまでもないとEDを安易に考えている人はネットの薬に頼ります。口コミなどを信じて他の人も大丈夫だと言っているからと安易な理由で購入する消費者心理につけこんでいます。

とにかく忙しい人

とにかく忙しくて病院にいけない人もいるでしょう。結局そういう人はネットで注文します。忙しさを理由にして危険な薬に手を染めている事に気づいていません。

ネットの買い物になれている人

普段Amazonや楽天などネットで買い物をする人はなんの抵抗もなく、購入してしまうでしょう。

確かに家にいながらクリック一つでなんでも買えてしまう便利な時代ですが、人体に関わることなのでよく考えないと本当に後悔しますよ?

誰にもEDだとばれたくない人

EDの自分が恥ずかしくて誰にもばれたくない人もいます。そういう人が真っ先に頼るのがネットでの購入です。EDは恥ずかしい病気ではないですし、原因をしっかり受け止めないといつまでたっても治りません。

一人で抱え込まないで病院へいくことをすすめます。

楽しみの風俗にいけない体になるかも・・

説明するまでもありませんが、偽物のバイアグラには有害な成分が含まれている可能性があると、EDの専門医も言っています。

具体的にどんな成分が含まれているかわからないけど、シンガポールで死亡者が出た事例もあるので、他人事ではありません。

なぜ、自分だけ大丈夫だと思えますか?

今まで大きな病気にかかったことがないからですか?

体力に自信があるからですか?

まだ年齢的に若いからですか?

もしこれを見ているあなたがバイアグラの偽物を服用して亡くなったら、多くの人がネットで購入したバイアグラをゴミ箱に捨てるでしょう。

何かがあってからは遅いんです。

根拠のない自信は今すぐ捨てるべきです。

専門の医師はこう言っています

浜松第一クリニック
不正規ルート(医療機関以外)で入手したバイアグラは、偽造品の可能性が高く、思わぬ健康被害も予想されます。インターネット等で個人輸入しているサイトを探すと、日本国内では認可がおりていない100mgを扱っているサイトが数多く存在しています。
偽造バイアグラは効果がないだけでなく、不純物混入による健康被害を及ぼすことが報告されています。
浜松第一クリニック
偽物の製造現場は、不衛生であったり、適当なポリ袋などに入れられて送られたり、アパートの一室などの品質管理されていない場所でボトルに詰められていたりと、流通経路での品質管理にも問題があります。
ファイザー製薬提供
インターネット流通の40.0%(日本:35.6%、タイ:48.0%)が偽造品でした。偽造品の品質にはばらつきがみられ、医薬品成分の含有量が承認されている用量より多い・少ないだけではなく、全く含有していないもの、他の成分、複数の不純物が含まれるものがありました。

ホームページにのっているコメントをそのまま引用させてもらいましたが、専門の医師がはっきりと注意喚起をしています。

これ以外にも厚生労働省も個人輸入サイトで購入する偽物のバイアグラをはじめとするED治療薬の購入に警鐘をならしています。

1度だけでも病院で正規品を処方してもらって

バイアグラをはじめとするED治療薬はEDの根本的な治療にはなりません。一時的に勃起を促進する効果があるだけです。

本物のバイアグラならともかく、健康被害もある偽物の薬を飲んで自信を取り戻した気になっても、お金を払って体を傷つけているのと同じこと。

1度病院へいって原因をしっかり受けとめましょう。

そして処方された正規品を医師の説明のもとで服用してください。

今後ネットでバイアグラを購入する時に偽物と見分けるためにも、処方されたバイアグラの写真をとっておきましょう。

まとめ

医者も厚生労働省もネットでの偽物のバイアグラの危険性に注意喚起をしています。

病院へいかないで安く、バイアグラを購入できることで助かる人もいると思うけど、過去には死亡者も出ているので偽物のバイアグラには本当に気をつけましょう。

私が利用した個人輸入代行サイト

まこと薬局は業界では珍しくクーリングオフができます。

注文する前に何点かわからない事を問い合わせしましたが、対応もよく、銀行振り込みをはじめコンビニ、クレジット決済も可能です。

また、発送後のアフターフォローも徹底しているので安心して利用できるサイトだと思いました。

まこと薬局:https://makoto-store.com/