安心して服用するためにバイアグラの歴史をしろう。

バイアグラは世界で認められているED治療薬です。日本でも病院で処方されるようになりましたが、危ない薬というイメージを拭えないため、今でも抵抗のある方も多いですが、医師の指導のもと、飲み方を間違えなければ効果が期待できるED治療薬です。

今回は効果や副作用や概要だけではなく、1番最初はどこで作られていたのか?名前の由来は?日本へいつ出回るようになったのか?バイアグラの歴史をまとめてみました。

バイアグラの歴史と概要

バイアグラを安心して服用するためにも、どんなルーツで世の中に出回ったのか知りたい人も多いと思います。ここではバイアグラの歴史を紹介します。

1998年に偶然誕生したバイアグラ

バイアグラは1998年に誕生しました。はじめは狭心症の薬として開発が進められていましたが、なんども研究を行うと狭心症治療薬としてバイアグラは効果的ではないという事がわかりました。

しかし、偶然にもその副作用として勃起するということが分かり、それからはED治療薬としての開発が進められたみたいです。

開発した世界の大手製薬会社ファイザーはEDの治療薬として、バイアグラを大々的に宣伝し、今日までED患者の治療に貢献してきました。

バイアグラの由来

vital(生きいきした)とNiagara(ナイアガラの滝)という2つの言葉を合わせたものだと言われています。

バイタルの活力と、ナイアガラの滝のような激しさの意味をあわせたのがバイアグラの由来だとか。

いつ日本へ出回りはじめたのか

1998年にアメリカで販売が開始され、マスコミやインターネットで騒がれてから、個人輸入代行業者を経由して日本にも出回りはじめ、1999年3月から国内での販売が開始されました。

2014年に日本でも東和薬品株式会社より1錠1200円で発売されていて、その後にも株式会社陽進堂や、武田薬品株式会社、キッセイ薬品工業株式会社からバイアグラ国産ジェネリックが発売されています。

バイアグラの効果がでる時間

性行為の1時間前に服用し、30分程度で効き始めます。作用時間はだいたい4~5時間。効き目や作用する時間については個人差があります。

バイアグラの価格

ED治療は自由診療と言われていて、医者が薬の金額を自由に決められますが、大体1錠1500円くらいが相場です。

バイアグラの副作用

顔のほてりや、目の充血はほとんどの人に起こり、頭痛、動悸、鼻づまりがおきることもあります。

国内での購入は処方箋が必要

日本国内でバイアグラを購入する場合は、ED専門のクリニックなどの医療機関を通して購入しなければなりません。

個人輸入代行でも購入できますが、輸入量の制限や偽物も出回っているため購入には注意が必要です。

いい加減な品質管理じゃないか心配という声が多いですが・・

日本をふくめ、多くの国でバイアグラのジェネリック医薬品が製造されています。正直いって品質管理はそれぞれどのように行われているか明らかにされていませんが、いい加減な品質管理をしている会社もあるので紹介しておきます。

中国の偽造バイアグラ製造現場の一例です。

プリンターインクをまぜて着色し、正規品に似せているとか…。それ以前に、こんな汚いところで作られているものは口にしたくないですよね。いくらで売られているのかわかりませんが、もし僕がEDで困っていたとして、100円でここのバイアグラが売られていたとしても絶対に購入しません。

日本へ出回っている偽物のバイアグラの8割が中国で作られたものだそうなので、中国メーカーのバイアグラの購入には十分注意しましょう。

参考:http://www.ed-info.net/caution/forgery/forgery01.html

バイアグラを安心して服用するために医者の意見を聞こう

素人が書いた実際の体験談のような記事が多いですが、何より信用できるのは医者の声でしょう。

現役の医師たちの声を紹介します。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、男性が服用することによって、いずれも体の血管を拡張させ、全身の血液の巡りを良くし、特に海綿体の血管を拡げることによって勃起を補助する薬剤です。

●ED治療薬は、タバコのニコチンやお酒のアルコールの様に、依存性、中毒性、耐性、妊娠への心配は全くなく、ニトログリセリンとの併用を除いては極めて安全な薬剤です。

参考:https://www.hama1-cl.jp/column/ed_effect.html

●ED治療薬には生活改善薬としての1面もあります。毎日飲む必要はありませんが、定期的に飲むことで、男性ホルモン値の向上や酸化ストレスの軽減、血管内皮機能の向上が認められています。

参考:https://www.eastcl.com/

まとめ

国に認められていて安心な薬だという事はわかって頂けたと思いますが、体の中にいれるものだから、まだまだ警戒する人も多いと思います。副作用や飲み合わせの問題もあるので、医師の診断をしっかり受けた上で服用するようにしましょう。

私が利用した個人輸入代行サイト

まこと薬局は業界では珍しくクーリングオフができます。

注文する前に何点かわからない事を問い合わせしましたが、対応もよく、銀行振り込みをはじめコンビニ、クレジット決済も可能です。

また、発送後のアフターフォローも徹底しているので安心して利用できるサイトだと思いました。

まこと薬局:https://makoto-store.com/