EDの原因や治療法は?治療前に知っておきたいEDの知識!

現在、日本のED患者数は1800万人にものぼると推定されており、成人男性の3人に1人はED患者であると言われています。

現代日本において、EDはそれだけ身近な病気になってきているのです。

ここではEDの症状や原因、治療法などをまとめていきます。

今、最近勃起力が弱まってきた、中折れしてしまうという方にはとくに読んでもらいたい記事になっています。

わかりやすく、簡潔にまとめましたのでぜひ最後までご覧ください。

EDとは

EDとは、満足な性交が行えない状態のことを言います。
一般的に、男性器が勃起しないことをEDと捉えている人が多いですが、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなどもEDの症状とされていて、大きく分けると中等度ED(たまに勃起し、性交中勃起は維持できる。)と完全ED(勃起せず性交できない。)に分類されます。

成人男性の24%、50~60代で2人に1人がED患者

年齢問わず、ED患者は年々増加しています。軽度のEDも含めると成人男性の53%と言われています。


参考:http://ed-netclinic.com/about_ed/data.php

グラフを見ると、完全EDに比べて中等度EDの方が多く、年齢を重ねるとその数が増えていることがわかります。少子化の日本では今後ますますED患者が増えるでしょう。

EDになる代表的な3つの原因

ここではEDの代表的な原因を紹介します。

不安、うつなどの心理的なストレス

生活している中で蓄積していくストレスがEDの原因になります。

●経済的なストレス
●失恋
●過労
●心配事

誰もが抱えている悩みが知らない間にEDの原因になっているんです。
カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることもありますが、まずは自分でできる息抜きやストレスをため込まないような工夫から始めましょう。

糖尿病や心臓病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病

陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりやすくなります。
動脈硬化は生活習慣病と密接に関連していて、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病の方はEDが起こりやすくなるので、偏った食生活や喫煙や過度の飲酒もEDの原因と考えられています。

ED併発率

糖尿病の患者さんは、生活習慣病の中でもEDの起こる割合が最も高く、80.9%もの方がEDを併発しているのがわかります。

引用:EDネットクリニック.com

脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経系の疾患

勃起と神経は密接に関係しています。
性的刺激を受けた脳は、さまざまな神経を介して、陰茎(ペニス)に信号を送ります。
その神経が障害を受けると脳からの信号が陰茎にまで伝わらなくなり、EDの原因となります。

そうした原因から脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経に障害を受ける病気はEDの原因になるんです。

病院でのEDの治療法

ED治療で受診すると、触診や服を脱いだり恥ずかしい検査をしなければならないと思う人もいるかもしれませんが、大抵は問診と簡単な検査だけでED治療薬が処方されます。

治療の流れ

ある病院の例を出します。

①受付・問診票の記入(2~3分)

受付にその旨を伝え、再診の方は診察券を提示します。
※保険証は必要ありません

②医師による問診・診察(5分~10分)

担当医による問診・診察を受けます。
現状をしっかりヒアリングし、治療に最適なお薬の提案を受けます。

③受付で処方(1分)

診察終了後に受付で薬を処方し会計します。
※ED治療薬は1錠から処方が可能です。

診療費について

ED治療は自由診療(自費)といって、初診料・再診料・薬の価について病院側が自由に決めることができます。
初診料、再診料が無料なところもあれば、3,000円かかるところもあります。
また、保険証を持参することで診察料が無料になり、院内処方になる場合は処方箋料を別で請求する病院もあるので、病院を選ぶ際は事前にいくつかの病院に問い合わせてから行くことをおすすめします。

ED治療薬の価格

EDの治療薬は病院側が自由に決めることができますが、一般的にはED治療薬の中には、バイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類の薬があり、その中から自分に合ったものを選ぶことができます。
どれも相場は1錠1,500~2,000円程度です。

通院期間はどのくらい?

結論からいうと人によって違います。

精神的なストレスが原因の心因性EDの場合、初診時に処方したお薬がなくなった頃にまた来院するというのが一般的です。
ED治療薬は必要な時にのみ服用する薬なので、例えば病院から5錠処方されたとしても、それを飲み終わる時期は人それぞれ違いますよね。
なので、通院期間は人によって違います。もちろん、処方された薬が飲み終わるまでに完治してしまえば、病院に行く必要はありません。

根治が期待できるED1000

ED1000とは海外の医療メーカーが開発した機械を使って、低強度の衝撃波を与えることで、血管を新生させるEDを根治させる治療方法です。

治療費は39万と高額なので敷居の高い治療法かもしれませんが、75%の人が効果を実感できていると言われています。

まだ、バイアグラなどのED治療薬と比べると副作用なく、9週間で治療が終わることから経済的に負担を負ってまででも治療を望む人が後を絶ちません。

ED1000について詳しくまとめた記事があるので詳しく知りたい方はご覧ください。
EDを完治できる治療法!ED1000を試す前に知っておきたい事

ED治療薬を扱う個人輸入代行業者に注意

今は、インターネットで簡単に薬を手にすることができます。【ED治療薬、個人輸入】と検索すれば個人輸入代行業者がたくさん出てきますが、安易に利用してはいけません。

偽物が多い

●●社製とあたかも本物のように謳っていますが、日本で承認されていない薬であったり、偽物の場合が多いです。パッケージを見ても本物と見分けがつかないほど巧妙に作られているので、素人の目ではまず偽物か本物か見分けることはできないと思います。

商品が届かない

実際に僕が数年前に個人輸入代行サイトで買い物をした時に、商品が届きませんでした。その業者はもうありませんが、ネットの情報を見ると同じような経験をして泣き寝入りしている人もいました。

健康被害にあった場合、全て自己責任

ED治療薬は海外のいろんな国で製造されています。複数の会社から薬を取りよせて水につけて溶かす実験をしたところ、溶ける時間はバラバラだったそうです。

専門家じゃないのではっきりした事は言えませんが、クリニックの専門医も体に害がある成分が含まれている可能性は十分考えられると言っています。

全ての個人輸入代行が扱っている薬が偽物だとは言えませんが

万が一、偽物の薬を飲んで健康被害にあった場合でも全て自己責任なので、業者を通して購入しようとしている方は一度考え直した方が良いと思います。

個人輸入代行業者の危険性について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

大きな声で伝えたい!ED治療薬の個人輸入が危険な6つの理由

まとめ

いかがでしたか?
中にはEDについて誤解していたこともあったのではないでしょうか。

EDは性に関わることなので、どうしても恥ずかしいと思ってしまう人が多いでしょう。
ですが、EDで悩む人は世の中にたくさんいます。
あなただけが特別なわけではないのです。

一口にEDと言っても、原因や症状の程度、完治までの期間は人それぞれです。
自分の体と正面から向き合い、正しく治療をして改善に向けて頑張っていきましょう!

私が利用した個人輸入代行サイト

まこと薬局は業界では珍しくクーリングオフができます。

注文する前に何点かわからない事を問い合わせしましたが、対応もよく、銀行振り込みをはじめコンビニ、クレジット決済も可能です。

また、発送後のアフターフォローも徹底しているので安心して利用できるサイトだと思いました。

まこと薬局:https://makoto-store.com/