勘違いしないで!EDの予防法は運動だけじゃありません!

結婚して、そろそろ子供がほしいと思った時に自分がEDになってしまったらどうしますか?

せっかくマイホームまで買って、子供部屋も用意したのに、肝心な子供が作れないなんて、考えるだけで涙が出そうになりませんか?

EDの原因は心理的な問題や、加齢、不規則な生活習慣などさまざまです。

病院へいくと薬代だけで1錠1500円かかりますし、EDの診療代は保険がききません。

ここではお金をかけずにすぐにできるEDの予防法を紹介します。

お金をかけずにできるEDの4つの予防法と対策

わざわざ病院に行きたくない人も多いと思います。ここでは病院に行く前にできる予防法と対策を紹介します。

1.EDに効果のある食材をとりいれた食生活を心がける

EDを予防するために重要なのは血流をよくするのと男性ホルモンを増やすことです。ここではED予防に効果のある食材を紹介します。

血流をよくする食材

血液がドロドロになることで、陰茎へ流れ込む血液の量が少なくなり、結果的にEDにつながってしまいます。

ここでは血液をサラサラにしてくれる食べ物を紹介します。

青魚

イワシ、サンマ、サバなどの青魚には血液をサラサラにする効果が期待できます。

ヨーグルト

ヨーグルトは、牛乳を飲むより消化吸収がいいと言われています。腸内の乳酸菌がコレステロールを排出するため、血液をサラサラにする効果があります。

納豆

日本が誇る、健康食材といえば納豆です。納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は血液をサラサラにする効果が高く、血栓を溶かす作用が薬に匹敵するほど強いとも言われています。

たまねぎ

血液をサラサラにすると食材といったらたまねぎですね。長時間、水につけると血液をサラサラにする成分がなくなってしまうみたいなので注意が必要です。

緑黄色野菜

食物繊維が多く含まれている緑黄色野菜。とくにパセリ、ほうれん草、アスパラガス、ニラは血液サラサラの効果がかなり高いことがわかっています。

生姜

血行促進作用があり血液サラサラに抜群の効果があります。

男性ホルモンを増やす食材

テストステロンという言葉を聞いたことありますか?ホルモンの一種なんですが、このテストステロンの分泌量が多いとEDになりにくいといわれています。

ここではホルモン分泌を促進する食材を紹介します。

うなぎ

精力増強といったらうなぎでしょう。お値段的に毎日というわけにはいきませんが、勢力増進効果が期待できます。

牡蠣

勢力増強作用のみではなく、疲労回復や体力増強にも効果があります。

牛肉(赤身)

精液の生成や精子の運動量を活発にし、男性ホルモン分泌促進に役立ちます。

レバー

高タンパク質で有名なレバー。もちろん精力回復にも効果のある食材です。

にんにく

血栓防止やコレステロールの抑制するだけではなく、勢力増強や疲労回復に効果があります。

山芋

滋養強壮作用のある成分が含まれていて、精子の生成を促進してくれます。

アボカド

男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌に効果が期待できます。

アスパラ

精力増強や精子の生成を促す作用がある、ピタミン類や亜鉛、アスパラギン酸などがふくまれています。

2.生活習慣の見直し

タバコの本数を減らす

健康的に害のあるタバコですが、老化を促進するのを知っていましたか?また、動脈硬化を進行させるので、ED治療薬で血管をひろげても、タバコによる血管の収縮がそれを妨げます。

仕事中の息抜きに一服したくなる気持ちはわかりますが、最近アイコスが流行ってから、本数が増えた人も多いみたいですので、少し量を減らす努力は必要だと思います。

ただ、いきなり禁煙するとストレスがたまり、かえってEDが悪化することもあるので1日の本数を制限するとか、できる範囲のところからはじめましょう。
 

アルコールは適量にする

お酒を飲んだ後のセックスで「起たなかった」「中折れ」してしまった経験をした人は多いと思います。

アルコールは緊張をほぐしEDに効果的な面もありますが、逆にEDを引き起こす原因にもなります。

それは、お酒に合うおつまみの揚げ物は肥満の原因なり、内臓脂肪が増えるからです。内臓脂肪が増えると、血管をボロボロにし、結果的にEDにつながります。

仕事の付き合いでどうしても飲まなくてはいけない時は、揚げ物などを控えたり、上記で紹介したEDに効果のある食材を食べるなどの工夫をしてみてください。

3.EDの予防に効果的な運動(下半身を重点的に鍛える)

血行不良による運動不足がEDを引き起こす可能性も考えられます。EDに一番効果があるのが下半身を鍛える運動だと言われています。ここではオススメの運動方を紹介します。

ランニング

運動といえば真っ先に浮かんでくるのがランニングでしょう。ただ、たんたんと走るだけだと飽きてしまうと思うので、音楽を聴きながら、くじけそうな時は「未来の子供の為に!」と奮い立たせて続けましょう。

ランニングが辛い時はウォーキングでも構いません。その場合、背筋をしっかりのばして、早歩きをする感じで1回に3キロくらいを目安にするのがおすすめです。

スクワット

下半身を鍛えるといえばスクワットですね。間違ったスクワットの方法では正しく下半身を鍛えられないので、ここでは正しいスクワットの方法を紹介します。

正しいスクワットのやり方

1、肩幅と同じくらい足を広げる

2、足の先を少しだけ外側に向ける

3、背筋はピンと伸ばす

4、腕は頭の後ろで組む

基本姿勢をマスターしたら・・・

5、顔は前をむいたまま、息をすいながら地面と太ももが平行になるまで上体をさげる

6、息を吐きながら膝が伸びきらないくらいまで立ち上がる

これを10回繰り返します。

少し休んでから2セット行います。

腕の反動は極力つかわずするのがポイントです。

水泳

体全体を鍛えられダイエット効果もある水泳。

どの泳ぎでも下半身を鍛えられますが、泳ぎ疲れ時は水中ウォーキングでも十分鍛えることができます。

市民プールなどは200円くらいで利用できますし、今、ジムに通っている人やこれからジムに通おうと思っている方はとくにオススメです。

4.落ち込んだり、ストレスをなるべくためないようにする

日々蓄積されていくストレスがEDの原因になります。仕事のストレス、人間関係のストレス、子育てのストレス。ここでは上手にストレスと付き合う方法を紹介します。

一人で抱え込まない

まず大切なのは自分一人で抱え込まないこと。

日本人の典型的なパターンですが、なにか問題が起きると自分一人で解決しようとします。

仕事、恋愛、家族、力になってくれる人はたくさんいるのに誰にも相談しようとしません。

勇気を出して、誰かに相談してみてください。本当に話すだけでスッキリして、ストレスが緩和されます。

今日起きたことが今の自分のすべてだと割り切る

会社で自分よりできる人がいたり、仕事がうまくいかなかった時、ひどく落ち込んだ経験は誰もが一度はあるはずです。

なぜ落ち込むのか?それは自分を過大評価しているからです。

理想の自分と現実がかけ離れていたり、相手と比較したりして、結果的に落ち込んでしまいます。

そういう時は今日起きたことが今の自分のすべてだと割り切りましょう。

そうすれば、引きづることもなく、明日への良いスタートがきれます。

小さな幸せに感謝する

落ち込んだり、ストレスがたまっている時は周りが見えていません。

応援してくれている人や支えてくれる人、子供の笑顔、親のありがたみ、健康な体で産れてきてやろうと思えば実はなんだってできるという事。

ご飯が食べられること。あげればきりがないですが、自分は小さな幸せに支えられていることに感謝しましょう。

悩んでいることがちっぽけに思えますよ。

まとめ

高齢化にともない、ED患者は年々増加しています。

EDは完全に勃起しない人だけではありません。たまに勃起しないという人もED予備軍で中等度EDと言われています。

食生活から運動、生活習慣の予防法を紹介しましたが、すべてを一気にはじめるのはかえってストレスになり、EDにつながり兼ねませんので、まずはできることから始めてみましょう。

私が利用した個人輸入代行サイト

まこと薬局は業界では珍しくクーリングオフができます。

注文する前に何点かわからない事を問い合わせしましたが、対応もよく、銀行振り込みをはじめコンビニ、クレジット決済も可能です。

また、発送後のアフターフォローも徹底しているので安心して利用できるサイトだと思いました。

まこと薬局:https://makoto-store.com/